男性

人気の街で注文住宅を建てるには|イメージすることが大切

地震に対しての備えとは

間取り

3つの構造が建物を守る

京都で注文住宅を建てようと考えている方は、安全のためにも地震対策をしておきましょう。また、京都での対策にはどのようなものがあるのでしょうか。注文住宅の地震に対しての構造は3つあります。1つめの「耐震構造」は国内において主に使われているものです。建物の基礎部分、柱、壁、梁を強化して揺れに耐えられるようにしています。建物が倒れないように強くしますが、揺れを軽くすることはできないため部屋のなかの、大きな家具などは転倒しやすくなるので、しっかり固定することが必要です。2つめの「免震構造」は基礎部分と建物のあいだに巨大な積層ゴムや鋼球を設置することで、地面からの揺れを建物に伝えないようにするものです。この構造は建物が傷むことは少なく、室内の家具も倒れにくくなっているため挟まれる事故の確率は低くなります。3つめの「制振構造」はダンパーを建物の構造部分に組み込んで、揺れが来たときにあえて建物を逆に揺らすことで衝撃を吸収するものになっています。普通は一度大きい揺れを受け止めると、耐震性能が落ちてメンテナンスが必要になります。しかし何回揺れが来てもダンパーが揺れを吸収してくれるため、大きい本震後の余震にも同じ性能で吸収してくれます。そのため建物の傷みが少なくて済むのがポイントです。京都でも、これらはそれぞれに特徴があるため、注文住宅を建てるときに、費用やメンテナンスを考えて取り入れるとよいでしょう。また更に耐震性を強化するために、3つの方法を組み合わせることも可能です。京都でも注文住宅の地震対策にはこのようなものがあります。